コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八角 ハッカク

百科事典マイペディアの解説

八角【はっかく】

パッチャオとも。インドシナとその周辺に自生するダイウイキョウの実からとった香辛料。さやごと乾燥し,豚の角煮をはじめ煮物,蒸物等中国料理に広く使われる。
→関連項目チャーシュー(叉焼)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はっかく【八角】

八つの角のある形。
家紋の一。隅切り角の、各辺の長さが等しいもの。
海魚トクビレの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の八角の言及

【シキミ(樒)】より

…山取りしたものが仏事用に売られているため,最近になって絶滅した産地が多い。トウシキミI.verum Hook.f.(八角茴香(ういきよう)または大茴香)の果実は香辛料として有名で,欧米ではスター・アニスstar‐aniseとして珍重されたが,よく似ているシキミとしばしば混同された。シキミは全木有毒で,果実はとくに毒性が強く,甘いが食べると死亡することすらある。…

【中国料理】より

…白は米醋でふつうの酢。燻醋(黒醋)はいぶしたこうじでつくり山椒,八角などを加えた味付酢で,色,味とも濃厚である。鎮江醋が有名。…

※「八角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八角の関連キーワードセルロイド八角形状特殊絞り ミッドナイトオーシャン長野県上田市別所温泉差し札・差札・指札奈良県五條市小島町玉旛・玉幡ハッカクー終末期古墳北勝海信芳オクタゴンパッチャオ桜島国重別所温泉隅切り角五香粉ドゥフ瓜の木玄武洞安楽寺九折坂仏宮寺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八角の関連情報