八角(読み)ハッカク

デジタル大辞泉 「八角」の意味・読み・例文・類語

はっ‐かく【八角】

八つの角。また、八つの角のある形。「八角火鉢」
ダイウイキョウ果実中国料理の代表的な香辛料の一。星形をし、アニス甘草かんぞうに似た香味がある。スターアニス八角茴香はっかくういきょう
トクビレ別名断面がほぼ八角形なのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「八角」の意味・読み・例文・類語

はっ‐かく【八角】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 八つの角。また、八つの角のある形。八角形。
    1. [初出の実例]「八角天蓋内外有四幡」(出典:参天台五台山記(1072‐73)二)
    2. 「樫の棒の八角に削たるが」(出典:太平記(14C後)一七)
    3. [その他の文献]〔宋史‐礼志〕
  3. 紋所の名。白ぬきの線で八角形をかたどったもの。
  4. トウシキミの実。中国料理で香辛料にする。
  5. カサゴ目の海魚トクビレの別名。体の断面が八角形に近いのでこの称がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「八角」の意味・わかりやすい解説

八角【はっかく】

パッチャオとも。インドシナとその周辺に自生するダイウイキョウの実からとった香辛料。さやごと乾燥し,豚の角煮をはじめ煮物,蒸物等中国料理に広く使われる。
→関連項目チャーシュー(叉焼)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典 「八角」の解説

八角

 →スターアニス

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の八角の言及

【シキミ(樒)】より

…山取りしたものが仏事用に売られているため,最近になって絶滅した産地が多い。トウシキミI.verum Hook.f.(八角茴香(ういきよう)または大茴香)の果実は香辛料として有名で,欧米ではスター・アニスstar‐aniseとして珍重されたが,よく似ているシキミとしばしば混同された。シキミは全木有毒で,果実はとくに毒性が強く,甘いが食べると死亡することすらある。…

【中国料理】より

…白は米醋でふつうの酢。燻醋(黒醋)はいぶしたこうじでつくり山椒,八角などを加えた味付酢で,色,味とも濃厚である。鎮江醋が有名。…

※「八角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android