鉄砲責(読み)てっぽうぜめ

精選版 日本国語大辞典「鉄砲責」の解説

てっぽう‐ぜめ テッパウ‥【鉄砲責】

〘名〙 罪状を自白させるため、背中に熱したを流しこんだりして責めること。また、その拷問鉄砲
洒落本・太平楽巻物(1782)「よるひるわかたぬてっぽふぜめのくるしみ」
歌舞伎・藤川船𦪌話(1826)四立「この身は矢がら責め、鉄砲責(テッパウゼ)めのその上に」
[補注]洒落本例は、鉄砲店での勤めの苦しみをたとえたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android