コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱山廃液 こうざんはいえきmine drainage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱山廃液
こうざんはいえき
mine drainage

鉱業を行う事業場から出る液状廃棄物。主として坑水,精錬洗浄廃水などで,金属,鉱酸,鉱滓微粒子などがおもな汚濁原因となり,廃ガスとともに鉱害の主要な原因となる。廃液の放流により 1887年頃から多大な被害を及ぼした足尾銅山鉱毒事件は日本における公害問題の原点とされている。昭和 50年代に入って数多くの鉱山が閉山しており,直接的な鉱山廃液の負荷量は激減している。現在は蓄積鉱害対策や休廃止鉱山にかかわる鉱害防止事業も実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鉱山廃液の関連キーワード足尾鉱山小林 純

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android