コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀板写真法 ぎんばんしゃしんほうdaguerreotype

翻訳|daguerreotype

1件 の用語解説(銀板写真法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀板写真法
ぎんばんしゃしんほう
daguerreotype

フランスの画家 L.M.ダゲールが発明したダゲレオタイプ写真法のこと。露光で生じた乳剤上の不可視潜像を,現像処理で写真とする写真法の最初のもの。 1839年8月 19日,発明者ダゲールに代り,物理学者 F.アラゴがパリの科学アカデミーで大聴衆を前に公表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone