コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀竜草 ギンリョウソウ

デジタル大辞泉の解説

ぎんりょう‐そう〔‐サウ〕【銀竜草】

イチヤクソウ科の多年生腐生植物。山地の陰地に生え、高さ約10センチ。褐色の根以外はすべて白く半透明。茎は太く直立し、うろこ状の葉が重なってつく。夏、茎先に、下向きの花を1個開く。水晶蘭。幽霊茸(ゆうれいたけ)。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎんりょうそう【銀竜草】

イチヤクソウ科の腐生植物。林下に生える。全体が白色で多肉質。茎は高さ約10センチメートル。数個の鱗片りんぺん状の葉をつける。夏、茎頂に壺状円筒形の花が一個下向きにつく。ユウレイタケ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銀竜草の関連情報