コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐生植物 ふせいしょくぶつsaprophyte

翻訳|saprophyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腐生植物
ふせいしょくぶつ
saprophyte

通常の植物は同化色素を有し,太陽光線のエネルギーを利用して生活するが,若干のものはそのような色素を欠き,すべての有機物をほかの生物に仰がなければならない。その場合,ほかの生きている生物から直接養分を享受するものを寄生植物といい,死んだ生物体や排泄物から必要な有機物のすべてを受けているものを腐生植物という。きまって菌根が発達する。イチヤクソウ科ギンリョウソウギンリョウソウモドキシャクジョウソウなどがその例である。なお,植物を広義に解釈して菌類まで含めれば,腐生生活をする植物はきわめて多数で,これらは自然界における物質循環において,分解者としての重要な働きを担当している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふせいしょくぶつ【腐生植物 saprophyte】

植物のうち,独立で生活できるだけの栄養物を合成することができず,他物に寄り付いて栄養を得るものを他養というが,寄り付くものが死んだ有機物である場合を死物寄生または腐生saprophagyといい,そのような植物を腐生植物という。ただし,高等植物には真の腐生植物はなく,腐生的な菌根から養分をとる菌根植物で,正確には腐生菌類に寄生する植物である。典型的な腐生植物は菌類にのみみられる。寄り付く宿主が生物であるものは寄生植物といわれるが,寄生と腐生の間に判然たる差がない場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふせいしょくぶつ【腐生植物】

腐生を営む植物。ギンリョウソウ・ムヨウランなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腐生植物
ふせいしょくぶつ

葉緑素をもたないため光合成を行わず、かわりに有機物を吸収して生活する植物。死物寄生植物ともいい、従属栄養植物の一つとして扱われる。かつては細菌や菌類からなる腐生菌もこれに含まれたが、現在では菌類が独立の生物界を構成するという考えから、こうした性質をもった種子植物をさして使われる。イチヤクソウ科の白色透明なギンリョウソウやラン科のツチアケビ、オニノヤガラなどが代表的である。昔は、森林の腐植土の有機物を直接吸収していると考えられてきたが、実際には根や地下茎に担子菌の菌糸を入れ、その内容物から有機物を得ている菌根植物である。したがって菌に寄生している植物と考えることもできる。[斎藤 紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腐生植物の関連キーワードヒナノシャクジョウ(雛の錫杖)シャクジョウソウ(錫杖草)ギンリョウソウ(銀竜草)ホンゴウソウ(本郷草)ヒナノシャクジョウ科アキノギンリョウソウキバナノショウキランハルザキヤツシロランムヨウラン(無葉蘭)ヒナノシャクジョウマヤラン(摩耶蘭)タヌキノショクダイシロシャクジョウホンゴウソウショウキランサクライソウサカネラン丸味銀竜草露左衛門鬼の矢幹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android