コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行手数料 ぎんこうてすうりょうbanker's fee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀行手数料
ぎんこうてすうりょう
banker's fee

銀行が提供するサービスの対価として収受する料金。振り込み,送金など内国為替業務に伴う為替手数料,信用状発行など外国為替業務に伴う外国為替手数料,手形・小切手の発行に伴う当座勘定手数料,株式払い込みや配当金支払い,保護預かり貸金庫などの付随業務に伴う手数料などがある。日本の銀行は国際決済銀行 (BIS) が定める自己資本比率の達成に苦慮しており,自己資本比率計算の分母となる資産を増やさず収益を上げる手数料収入への傾斜を強めている。なお,手数料は業界横並びであるとの批判が強く,一部独自で決定する動きが見られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀行手数料の関連情報