銅版蒔絵(読み)ドウバンマキエ

大辞林 第三版の解説

どうばんまきえ【銅版蒔絵】

銅版を用いて漆器に絵付けし、金属粉や色粉をまいて仕上げた蒔絵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうばん‐まきえ ‥まきヱ【銅版蒔絵】

〘名〙 印刷の手法を用いる蒔絵の一種。漆にアスファルトを混合したものを銅版の凹部にすりこみ、雁皮紙に印刷して漆器面に転写し、粉を蒔いて表わす手法。また、その蒔絵。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android