コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅版 ドウバン

デジタル大辞泉の解説

どう‐ばん【銅版】

《「どうはん」とも》印刷技法の一。銅板の表面を凹版にし、インクを流して印刷する方法。銅板を直接彫る彫刻銅版と、薬品による腐食銅版とに大別される。→腐食銅版

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうばん【銅版】

銅の板に絵画などを彫ったり、腐食させたりして作った印刷原版。通常、凹版をさすが、写真製版による網目凸版も含める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

銅版の関連キーワードベルナルド・ベッロット カナレットホセー‐グァダルーペ ポサーダジャン‐フランソワ ラファエリジェラール1世 オードランクロード3世 オードランクロード2世 オードランエドアルド キオッソーネジョルジョ モランディフェリシアン ロップスマックス リーベルマンステファノ・デラ ベラサルヴァトール ローザラインエングレービングヴェンツェル ホラージャン ル・ポートルアルフォンス ルグロパウル ポッターヨースト アマンドライ・ポイントドライポイント

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅版の関連情報