凹版(読み)オウハン

百科事典マイペディアの解説

凹版【おうはん】

凸版とは逆に,インキのつく画線部がくぼんでおり,非画線部が突起している印刷の版の形式。版の全面にインキをつけた後,非画線部のインキを除去して,凹部に入り込んだインキを紙へ転写する。写真を利用するグラビア印刷と紙幣・切手など精緻な線の再現を要求される印刷に向く彫刻凹版などがある。→平版
→関連項目印刷印刷機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうはん【凹版 intaglio printing】

印刷するときに用いる版の一種で,彫りくぼめたところにインキをつめて印刷する方式のものをいう。平らな銅などの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイントメゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチングアクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうはん【凹版】

印刷版式の一。印刷しようとする画線が版材面よりへこんでいる印刷版。彫刻凹版・エッチング版・グラビア版などがある。 → 凸版とつぱん平版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の凹版の言及

【印刷】より

…したがって,製版が最も重要な役割を占め,版式のちがいによって使用する印刷機も異なる。基本的には凸版,平版,凹版,孔版の4種の版式があり,表にその特色を示す(図1)。 インキのつく部分を残して他の部分は彫りくぼめる形の版を凸版という。…

【版画】より


[原版からみた版画]
 一般に版画は原版の形式,材質によって分類されている。凸版,凹版,平版,孔版および写真の光化学的な版形式があり,材質によって木板,金属,石板,リノリウム,絹,紙など,やはり無限に多様な材質が原版として用いられる可能性がある。ここでは一般的な主要な原版の形式について述べることにする。…

※「凹版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凹版の関連情報