鋤持神(読み)さいもちのかみ

精選版 日本国語大辞典の解説

さいもち‐の‐かみ さひもち‥【鋤持神】

〘名〙 (「さい」は刀剣の意) 刀剣を持っている神。
古事記(712)上「和邇(わに)返らむとせし時、佩かせる紐小刀を解きて、其の頸に著けて返したまひき。故、其の一尋和邇(ひとひろわに)は今に佐比持神(サヒもちのかみ)と謂ふ」
[補注]「古事記」の用例に説く語源に対し、鰐の鋭い歯をサイ(刃物の意)に見立てたところからの名と考える説もある〔古伝説に見えたる和邇について=白鳥庫吉〕。また、現在隠岐島方言でサメ(鮫)をワニ(鰐)ということ、およびサヒとサメとは音が通じるところからサヒ=サメ=ワニと考え、この場合のサヒは刀剣と同時に鰐をも意味すると考える説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android