コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鋳植機 チュウショクキ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうしょく‐き〔チウシヨク‐〕【鋳植機】

活字組み版で、活字母型を内蔵し、活字を鋳造すると同時に植字する機械。1字ずつ鋳造していくモノタイプ、1行分まとめて鋳造するライノタイプがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしょくき【鋳植機】

活字組版で、活字の文選・鋳造・植字を一貫して行う機械。一行分を一つの活字群として鋳造・植字するライノタイプと、活字一本ずつを鋳造したあとで植字をするモノタイプがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鋳植機の言及

【製版】より

…いわば工芸的な版画の要素を多分にもっているものであり,機械的製版に近い活版においてさえすこぶる工芸的である。
[機械的方法による製版]
 これには活字を鋳造しながら組んでいく鋳植機がある。一般にキーボードで文字を選んで対応する穿孔(せんこう)テープを作り,これを鋳植機にかけると1字ずつ母型を選んで活字を鋳込み,連続的にその活字を並べて指定された長さの1行を組む。…

※「鋳植機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鋳植機の関連キーワード自動活字鋳造機インタータイプ自動鋳植機活字文選

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android