鋳物用コークス(読み)いものようコークス(英語表記)casting-coke; foundry coke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鋳物用コークス
いものようコークス
casting-coke; foundry coke

銑鉄などの地金を溶解し,各種の鋳物を生産するのに使うコークス。製鉄用コークスが溶解と同時に鉱石を還元する機能をもつのに対して,鋳物用コークスはもっぱら溶解の熱源として用いられる。鋳物用コークスは発熱量が大きく,砕けにくく,灰分や硫黄分の少いことが要求される。このためコークスを製造するうえで,焼成時間を長くするほか石油コークス無煙炭,ピッチなどを配合する。 1990年のコークスの生産量は 4733万 8000t,内訳は溶鉱炉用 4342万 8000t,鋳物用 109万 8000t,一般用 281万 2000t。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android