コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰分 カイブン

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぶん〔クワイ‐〕【灰分】

物が燃え尽きたあとに残る不燃性の鉱物質。はい。
栄養学で、食品成分として含まれる鉱物質。カルシウム・鉄・ナトリウムなど。ミネラル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

灰分【かいぶん】

有機物を完全に燃焼させたあとに残る不燃性残留物。カリウム,カルシウム,ナトリウム,鉄,リンなど無機物を多く含む。→食品分析

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

灰分

 食品や生体材料を通常空気中で燃焼して残った不揮発性の無機物.燃焼温度によって塩の形態が異なるので,一定の条件を指定して燃焼する.通常は550℃から600℃に加熱する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいぶん【灰分】

石炭や木炭などが燃えつきたあとに残る不燃性の鉱物質。はい。
栄養学で、食物中に含まれる無機物、すなわち鉱物質。ミネラル。また、それの全量に対する割合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰分
かいぶん

食品材料を燃焼させ、十分燃え尽くしたあとに残る灰の部分のこと。主成分は無機元素で、食品中の無機質の総量を意味する。食品成分表の1項目として掲載されている。ただ、材料を焼く際あまり高温であると、リンなどのように気化して消滅しやすい成分が測定できないおそれがある半面、燃焼が不十分だと炭素が残り、これが灰分として誤って測定されることもおこる。そのため、食品成分表に記載される数値の測定規準としては、550℃で残存炭素がなくなり、恒量となるまで灰化する、と規定されている。
 『五訂増補日本食品標準成分表』では灰分およびカルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガンの数値が記載されている。なお、食塩含有量の多いものは灰分も多くなる傾向があり、灰分の多いことが栄養的に無機質の多い食品であるとすることはできない。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

灰分の関連キーワードストーカー(給炭機)練炭の性状(代表例)オルソリグニタス炭メタリグニタス炭ピーチ・ブラックサブハイドラス炭アルカリ性食品パーハイドラス糖質(差引き)シドニー炭田可溶無窒素物オルソ瀝青炭ガスコークス酸不溶性灰分グラニュー糖ジェット燃料発生炉用炭ろ(濾)紙コーキングパー瀝青炭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android