コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦光山宗兵衛(7代) きんこうざん・そうべえ

1件 の用語解説(錦光山宗兵衛(7代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

錦光山宗兵衛(7代)

没年:昭和2.6(1927)
生年:明治1(1868)
明治大正期の企業家。京都の製陶業振興に貢献した。京都粟田口の窯屋に生まれ,姓は小林,鍵屋と号した。3代の喜兵衛(茂兵衛とも)のとき錦光山と号し,6代から錦光山を姓とした。父が輸出事業に積極的であったところから,若くして家業を継ぎ,「錦光山」のブランドで世界に輸出し,しばしば外国へも視察に出かけた。薩摩焼と同じ色絵金襴手を作り,それを一層精緻にして輸出に成功した。陶磁試験所や陶磁器伝習所の設立に尽力し,ここから若い俊秀を輩出した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

錦光山宗兵衛(7代)の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone