緑綬褒章(読み)りょくじゅほうしょう

勲章・褒章がわかる事典「緑綬褒章」の解説

りょくじゅほうしょう【緑綬褒章】

日本の褒章の一つ。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」によって制定され、孝子(孝行な子)、順孫(よく祖父母に仕える孫)、節婦(節操堅固な婦人)、義僕(忠義なしもべ)のような、徳行卓絶な人、または業務に精励して模範となる人に与えられた。しかし、こうした徳目は第二次世界大戦後の新憲法のもとでは時代錯誤と受け取られ、1950年(昭和25)の授章を最後に途絶えることになった。1955年の条例の一部改正で「業務に精励し模範となる人」が黄綬(おうじゅ)褒章に移され、褒章は社会に奉仕する活動に従事して徳行顕著な人に授与することになったが、推薦さえない事態が半世紀も続くことになった。そこで、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、対象者をボランティア活動などで顕著な実績のある個人などに授与することとした。2003年秋からはその趣旨での個人・団体の受章が続いている。◇英訳名はMedal with Green Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「緑綬褒章」の解説

りょくじゅ‐ほうしょう ‥ホウシャウ【緑綬褒章】

〘名〙 褒章の一つ。徳行が卓越している人や実業に精励した人に授与される褒章。緑色の綬を佩用。明治一四年(一八八一)制定。現在、実業に精励した人には貢綬褒章が授与される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「緑綬褒章」の解説

緑綬褒章【りょくじゅほうしょう】

親・祖父母に孝養を尽くした者,節操の正しい婦人,主人に忠実な使用人で行いのすぐれた者,また家業に精励する者を表彰するために1881年制定された褒章。→褒章

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「緑綬褒章」の解説

りょくじゅ‐ほうしょう〔‐ホウシヤウ〕【緑×綬褒章】

徳行の優れた者に授与される褒章。綬(リボン)は緑色。明治14年(1881)制定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android