コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田焼 アワタヤキ

4件 の用語解説(粟田焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あわた‐やき〔あはた‐〕【×粟田焼】

京都市粟田口一帯で産する陶器。表面に細かいひびがあり、彩画を施す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

粟田焼

京都府京都市、平安殿が製造・販売する銘菓。醤油の風味を加えた餅生地で大納言粒餡を包んだもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あわたやき【粟田焼】

京都粟田口付近で産する陶器。江戸初期瀬戸の陶工が開窯。京焼様式を伝える色絵陶器を製してから有名になり、岩倉山・錦光山・丹山・宝山・帯山などの窯かまが著名。粟田口焼。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟田焼
あわたやき

京都市東山区粟田付近の陶器の総称。瀬戸の陶工三文字屋九右衛門が元和(げんな)年間(1615~1624)に始めた粟田口焼がもっとも古いという。享保(きょうほう)年間(1716~1736)まで粟田口焼の名でよばれていたが、与兵衛、宗兵衛(そうべえ)らの帯(たい)山窯、錦光(きんこう)山窯などが盛んとなり粟田焼が通称となる。またほかには岩倉山、丹(たん)山、宝(ほう)山の諸窯が有名で、近代では、並立する清水(きよみず)焼が磁器を主とするのに対し、粟田焼は陶器を主とする。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟田焼の関連キーワード国安大阪府箕面市彩都粟生北大阪府箕面市彩都粟生南包綱錦光山(4代)錦光山(5代)国友(1)国光(2)小林徳右衛門(2代)安田喜三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone