鍵屋(読み)カギヤ

大辞林 第三版の解説

かぎや【鍵屋】

江戸の花火屋の屋号。鍵屋弥兵衛が1659年に創業。玉屋とならび称された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍵屋
かぎや

江戸時代、両国の川開きにあげる仕掛け花火の製造元で、草分け的存在である。1658年(万治1)に大和(やまと)国(奈良県)の篠原(しのはら)(現五條(ごじょう)市大塔(おおとう)町篠原)から江戸に出てきた初代の鍵屋弥兵衛(やへえ)が、幕府の狼烟(のろし)方の打上げを見て玩具(がんぐ)花火を考案したという。1717年(享保2)水神祭の夜、余興として献上花火を打上げたのが、納涼花火の起源である。店は日本橋横山町にあった。6代目のとき番頭清吉を分家し、両国吉川町に「玉屋」をもたせ、以後この2軒で両国橋の上下流を二分して請け負った。趣向を凝らした華麗な花火は、見物人から「鍵屋!」「玉屋!」と掛け声がかかり、まさに江戸の名物であった。のちに玉屋は出火により断絶、鍵屋のみが明治まで続いた。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鍵屋の言及

【花火】より

…大花火には〈しだれ柳〉〈大桜〉〈天下泰平の文字うつり〉〈流星〉〈ぼたん〉〈ちょう(蝶)〉〈ぶどう〉などがあり,見物人は両国橋界わいに集まるほか,屋形船を浮かべてこれを見物した。両国横山町の鍵(かぎ)屋,鍵屋から別家した両国吉川町の玉屋がその花火の製造元であった。 日本で花火の色彩が明確に現れはじめたのは,塩素酸カリウムが輸入されるようになってからで,1879年ころからといわれ,その後つぎつぎと新しい化学薬品が導入されるようになった。…

※「鍵屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍵屋の関連情報