コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦鶏の間祗候 キンケイノマシコウ

デジタル大辞泉の解説

きんけいのま‐しこう【錦鶏の間×祗候】

大日本帝国憲法下の制度で、勅任官を5年以上勤めた者、および勲三等以上の華族や官吏で特に功労のある者に与えられた資格。ときどき錦鶏の間に祗候して、天皇の諮問などに奉答するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんけいのましこう【錦鶏の間祗候】

もと、宮中における資格の一種。華族や官吏で功労があった者を優遇する意味で与えられた資格。勅任官待遇。麝香間じやこうのま祗候の次位に位する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone