錦鶏の間祗候(読み)キンケイノマシコウ

デジタル大辞泉「錦鶏の間祗候」の解説

きんけいのま‐しこう【錦鶏の間×祗候】

大日本帝国憲法下の制度で、勅任官を5年以上勤めた者、および勲三等以上の華族官吏で特に功労のある者に与えられた資格。ときどき錦鶏の間祗候して、天皇諮問などに奉答するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android