祗候(読み)しこう

精選版 日本国語大辞典「祗候」の解説

し‐こう【祗候】

〘名〙
① つつしんでおそばに仕えること。
※凌雲集(814)夏日陪幸左大将藤原冬嗣閑居院応製〈滋野貞主〉「寂然閑院当馳道、祗候仙輿一路
平家(13C前)一「郎従小庭に祗候の条」
② つつしんで御機嫌うかがいをすること。つつしんで参上すること。
延喜式(927)四「凡祈年月次祭使参入者、太神宮司卜部祗候多気河解除」 〔魏書‐劉休賓伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「祗候」の解説

【祗候】しこう

ご機嫌をうかがう。〔魏書、劉休賓伝〕(尹)、(慕容)白に詣(いた)り詐(いつは)りて言ふ。に臨むを聞き、故に來(きた)りて祗候すと。

字通「祗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android