コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錫紵 シャクジョ

大辞林 第三版の解説

しゃくじょ【錫紵】

天皇が二親等以上の喪に服する時に着る浅黒色の闕腋けつてきの袍ほう。しゃくちょ。

しゃくちょ【錫紵】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の錫紵の言及

【喪服】より

… 素服の語は早く《日本書紀》仁徳天皇条に見え,天智天皇条には〈皇太子素服称制〉などとあるが,日本で喪服とともに服忌(ぶつき)の制が確立せられたのは,上述のように中国唐の制度にならって制定された〈養老令〉からである。その〈喪葬令〉に,天皇は本服2等以上の親喪のためには錫紵(しやくじよ)を着し,3等以下および諸臣の喪のためには帛衣(はくい)を除くほか,雑色(ぞうしき)を通用すと規定せられている。錫紵は浅黒色の細布で作った闕腋(けつてき)の(ほう)で,これを常の服のうえに重ねて喪服としたのである。…

※「錫紵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

錫紵の関連キーワード鈍色天皇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android