コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島閑叟 ナベシマカンソウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島閑叟 なべしま-かんそう

1815*-1871 江戸後期-明治時代の大名。
文化11年12月7日生まれ。鍋島斉直(なりなお)の17男。文政13年肥前佐賀藩主鍋島家10代となる。藩財政の改革をおこない,殖産興業や軍備の強化につとめ,また公武合体を斡旋(あつせん)した。維新後,新政府の議定(ぎじょう),開拓使初代長官。明治4年1月18日死去。58歳。名は斉正,のち直正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍋島閑叟
なべしまかんそう

鍋島直正」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋島閑叟
なべしまかんそう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鍋島閑叟の言及

【鍋島直正】より

…幕末の佐賀藩主。号は閑叟(かんそう)。1830年(天保1)襲封。当時の佐賀藩は藩財政が窮乏し郷村の疲弊が著しかったので,藩政改革に着手し,郷村の復興と農商分離の政策を行う。なかでも均田制度と称された土地分給政策は農商分離の徹底を目ざしたもので,商人の郷村での土地保有が徹底的に排除された。また幕末期の外圧の高まりに対しては,佐賀藩が長崎警衛を担当していたこともあって長崎砲台の増築と軍事技術の改善を行い,反射炉を築き大砲製造の体制を整えた。…

※「鍋島閑叟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鍋島閑叟の関連キーワード東洋社会党鍋島 直彬相良知安島津斉彬明治時代草場佩川坤輿図識鍋島直虎多久茂族服部杏圃井内南涯古川松根楢林宗建鍋島直彬鍋島直大

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android