議定(読み)ぎじょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「議定」の解説

議定
ぎじょう

明治初年の中央政府の役職。1868年1月3日(慶応3年12月9日)の王政復古の政変に伴って新設された三職の一つ。下級廷臣、藩士からなる参与に対して、親王、諸侯、上級廷臣により構成されており、七科制、八局制のもとでは各長官を兼任していた。また、参与の会議が下議院ないし下の議事所といわれたのに対して、議定の会議は上議院ないし上の議事所とよばれた。慶応4年(1868)閏(うるう)4月21日、政体書に基づいて太政官(だじょうかん)が復興され三職制は廃止されたが、議定は参与とともに議政官上局の構成員として翌年5月まで存続した。

[井上 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「議定」の解説

議定
ぎじょう

明治維新政府が成立したとき設けられた官職名。王政復古の大号令とともに総裁,議定,参与の「三職の制」が新しく設けられた。議定は皇族公卿,諸侯のなかから任命され,行政官庁を監督する職務を帯びた。議定はまもなく議政官上局に吸収され,明治2 (1869) 年7月,官制改革とともに廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「議定」の解説

議定
ぎじょう

明治政府当初の官職名。三職の一つ
1867年12月,王政復古の大号令により設置。嘉彰親王以下皇族・公卿・諸侯10名が任ぜられ,7科が設置されると事務を分担した。'68年太政官制施行とともに議政官上局を構成したが,翌'69年7月の新官制により廃止された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「議定」の解説

ぎ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【議定】

[名](スル)
合議して事を決めること。また、その評議。ぎてい。
慶応3年12月9日(1868年1月3日)王政復古の際に置かれた官職。総裁参与とともに三職の一。明治2年(1869)廃止。

ぎ‐てい【議定】

[名](スル)会議を開いて事を決定すること。また、その決定したこと。ぎじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の議定の言及

【三職】より

…明治初年,政府により制定され,太政官制の布告によって廃止されるまで,約6ヵ月間存続した官制。1867年(慶応3)12月,王政復古の大号令により,明治政府が成立するとともに,総裁,議定,参与の三職が設置された。総裁には有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任ぜられて,国政を総理した。…

※「議定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android