コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

議定 ぎじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

議定
ぎじょう

明治維新政府が成立したとき設けられた官職名。王政復古の大号令とともに総裁,議定,参与の「三職の制」が新しく設けられた。議定は皇族公卿諸侯のなかから任命され,行政官庁を監督する職務を帯びた。議定はまもなく議政官上局に吸収され,明治2 (1869) 年7月,官制改革とともに廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【議定】

[名](スル)
合議して事を決めること。また、その評議。ぎてい。
慶応3年12月9日(1868年1月3日)王政復古の際に置かれた官職。総裁参与とともに三職の一。明治2年(1869)廃止。

ぎ‐てい【議定】

[名](スル)会議を開いて事を決定すること。また、その決定したこと。ぎじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎじょう【議定】

( 名 ) スル
合議して決めること。また、決めたおきて。ぎてい。 「国憲を-する」
王政復古により置かれた明治新政府の官職名。総裁・参与とともに三職の一。皇族・公卿・諸侯の中から選ばれたが、1869年(明治2)廃止された。

ぎてい【議定】

( 名 ) スル
合議により事を定めること。また、その定めたこと。ぎじょう。 「法を-せしめたる/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

議定
ぎじょう

明治初年の中央政府の役職名。1868年1月3日(慶応3年12月9日)の王政復古の政変に伴って新設された三職の一つ。下級廷臣、藩士からなる参与に対して、親王、諸侯、上級廷臣により構成されており、七科制、八局制のもとでは各長官を兼任していた。また、参与の会議が下議院ないし下の議事所といわれたのに対して、議定の会議は上議院ないし上の議事所とよばれた。慶応4年(1868)閏(うるう)4月21日、政体書に基づいて太政官(だじょうかん)が復興され三職制は廃止されたが、議定は参与とともに議政官上局の構成員として翌年5月まで存続した。[井上 勲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の議定の言及

【三職】より

…明治初年,政府により制定され,太政官制の布告によって廃止されるまで,約6ヵ月間存続した官制。1867年(慶応3)12月,王政復古の大号令により,明治政府が成立するとともに,総裁,議定,参与の三職が設置された。総裁には有栖川宮熾仁(たるひと)親王が任ぜられて,国政を総理した。…

※「議定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

議定の関連キーワードクリーン開発と気候に関するアジア・太平洋パートナーシップ国際組織犯罪防止条約人身取引議定書名古屋クアラルンプール補足議定書国際組織犯罪防止条約密入国議定書国際組織犯罪防止条約銃器議定書生物多様性条約カルタヘナ議定書国際紛争平和的処理一般議定書特定通常兵器使用禁止制限条約ジュネーブ条約の追加議定書ワルシャワ国際航空運送条約地球環境温暖化への取り組み女子差別撤廃条約選択議定書クリーン開発メカニズムモントリオール議定書京都議定書締約国会合ジュネーブ一般議定書ポスト京都議定書カルタヘナ議定書正親町 三条実愛生物兵器禁止条約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

議定の関連情報