コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋状陥没 なべじょうかんぼつ cauldron subsidence

1件 の用語解説(鍋状陥没の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

鍋状陥没

コールドロンとは陥没カルデラ火山構造性凹地の総称で,一般に円筒形の陥没構造を鍋状陥没(cauldron subsidence)という[片山ほか : 1970].環状の破砕で起こる筒状に近い塊の陥没で,マグマの活動に伴われる.陥没は垂直に近い塊の壁に沿ってマグマが上向きに噴出し,残った塊の上部の空間をマグマが満たすか,もし環状の割れ目が地表に達する場合は火山活動が引き続いて起こる[Suess : 1888, Clough, et al. ; 1909, Bailey : 1919].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋状陥没の関連キーワードカルデラ湖引退カルデラ火山構造性凹地火山性コールドロン貫入カルデラ陥没型カルデラ陥没カルデラ側カルデラ沈降カルデラコールドロン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone