コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋状陥没 なべじょうかんぼつcauldron subsidence

岩石学辞典の解説

鍋状陥没

コールドロンとは陥没カルデラと火山構造性凹地の総称で,一般に円筒形の陥没構造を鍋状陥没(cauldron subsidence)という[片山ほか : 1970].環状の破砕で起こる筒状に近い塊の陥没で,マグマの活動に伴われる.陥没は垂直に近い塊の壁に沿ってマグマが上向きに噴出し,残った塊の上部の空間をマグマが満たすか,もし環状の割れ目が地表に達する場合は火山活動が引き続いて起こる[Suess : 1888, Clough, et al. ; 1909, Bailey : 1919].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

鍋状陥没の関連キーワードコールドロン偽火山性

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android