コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋釜 ナベカマ

デジタル大辞泉の解説

なべ‐かま【鍋釜】

鍋と釜。炊事道具。また、最低限の生活用品をたとえていう語。「鍋釜まで借金の形(かた)に取られる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なべかま【鍋釜】

鍋と釜。また、生活に必要な最低限の道具。 「 -まで質に入れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鍋釜の関連キーワード鋳物師(いものし)自在かぎ(自在鉤)自在鉤・自在鈎かまど(竈)製品安全協会富山県高岡市旧集成館川口鋳物建築儀礼レルシュ鋳物師釜の座鍋取り鋳物湯治景品闇市釜師金気金物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍋釜の関連情報