鍋釜(読み)なべかま

精選版 日本国語大辞典「鍋釜」の解説

なべ‐かま【鍋釜】

〘名〙
。炊事道具を代表し、総称していうこともある。
※名語記(1275)二「わざと鍋釜にいれて、わかせる湯」
浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「湯水をのまんなべ釜も、もあげてかんこ鳥」
② 茶湯釜の一種。鍋の形をした釜。
※宗及茶湯日記(他会記)‐元亀三年(1572)八月三日「風炉 なへ釜一つ」
③ 女陰の異称
※浄瑠璃・酒呑童子枕言葉(1710頃)二「なんじゃわってのくだいての、二つにも三ッつにもなべかまはこなたの、われてもわしはかまはぬが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android