鍋釜(読み)ナベカマ

デジタル大辞泉の解説

なべ‐かま【鍋釜】

鍋と釜。炊事道具。また、最低限の生活用品をたとえていう語。「鍋釜まで借金の形(かた)に取られる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なべ‐かま【鍋釜】

〘名〙
① 鍋と釜。炊事道具を代表し、総称していうこともある。
※名語記(1275)二「わざと鍋釜にいれて、わかせる湯」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「湯水をのまんなべ釜も、畳もあげてかんこ鳥」
② 茶湯釜の一種。鍋の形をした釜。
※宗及茶湯日記(他会記)‐元亀三年(1572)八月三日「風炉 なへ釜一つ」
③ 女陰の異称。
※浄瑠璃・酒呑童子枕言葉(1710頃)二「なんじゃわってのくだいての、二つにも三ッつにもなべかまはこなたの、われてもわしはかまはぬが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報