コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風炉 ふろ

8件 の用語解説(風炉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風炉
ふろ

茶道具の1つ。火を入れて釜をかけるもの。主として夏秋の季節に用い,冬春の季節はを用いる。古くは台子皆具の1つで,唐銅の切掛 (きりかけ) であったがのちには鉄製もでき,さらに紹鴎好みとして土風炉が作られ,また千利休小田原陣中に工夫したという板風炉もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふう‐ろ【風炉】

小さい試金用坩堝(るつぼ)を加熱するための炉。
ふろ(風炉)

ふ‐ろ【風炉】

茶の湯の席上で、釜(かま)をかけて湯をわかす炉。唐銅(からかね)製・鉄製・土製・木製などがあり、夏を中心に用いる。ふうろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風炉【ふろ】

茶道具の一つ。湯を沸かすのに用いる炉。土製,木製,鉄製の円形で,風を入れるように縁の一方をあけている。
→関連項目永楽保全台子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふろ【風炉】

茶の湯で釜の湯を沸かすための火鉢状の道具をいう。風炉の歴史は古く,8世紀に中国の陸羽が書いた《茶経》に〈風炉〉として記載され,銅や鉄を鋳物にしてつくり,鼎(かなえ)に類似した形状で,中には泥を墁(ぬ)るとしてあり,3足で3ヵ所に風通しのための窓があけてあった。中国では宋代になると,唐代の団茶から抹茶に変様したが,この抹茶を喫するのに用いたとされる。1259年宋に渡った臨済宗の僧,南浦紹明(なんぽじようみよう)(1235‐1308)によって,台子(だいす)とそこに飾る風炉,釜,杓立,建水,蓋置,水指の唐銅(からかね)皆具が日本に伝来したというのが,茶の湯の理解である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうろ【風炉】

小さな溶解坩堝るつぼを加熱する炉。試金用。数個の坩堝のまわりにコークスを入れて、約摂氏1400度で加熱する。
ふろ(風炉) 」に同じ。

ふろ【風炉】

茶道で、釜かまを掛けて湯を沸かす炉。およそ5月初めから10月末まで使う。唐銅からかね製・鉄製・土製・木製などがある。ふうろ。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風炉
ふろ

茶席で釜(かま)をかけ置き、湯を沸かすための夏季用の炉。鉄、唐銅(からかね)、土、木、陶磁製などの材質がある。古態は中国の鼎(かなえ)形であるが、わが国に伝えられてからは、台子皆具(だいすかいぐ)の一つとして切掛風炉(きりかけふろ)(釜の羽が口いっぱいにかかるようにつくられた風炉)が用いられるようになった。続いて茶道の進展とともに釜の形も多様になり、さらに五徳が創案されることによって、武野紹鴎(たけのじょうおう)のころに奈良で土風炉(どふろ)がつくられるようになり、五徳を据えて釜をかけるような口が基本となった。切掛風炉の代表は朝鮮風炉と琉球(りゅうきゅう)風炉で、ともに唐銅か鉄製、前後に窓がつくのを特色とする。土風炉は形によって透木(すきぎ)風炉、紹鴎風炉、尻張(しりばり)風炉、四方(よほう)風炉、道安(どうあん)風炉、紅鉢(べにばち)風炉の種類がある。なお、真を土風炉、行を唐銅風炉、草を鉄風炉・板風炉としている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風炉の言及

【火鉢造】より

…火鉢や風炉を造る工人としては,奈良の西京火鉢造座が著名である。史料上では1333年(元弘3)の《内蔵寮領等目録》に〈大和国内侍原内小南供御人〉が火鉢土器を作料田の年貢として進上しているのと,京都商人役として,奈良火鉢10個を進上しているのをみる。…

※「風炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風炉の関連キーワード釜据え三音茶の湯者茶風炉臍で茶を沸かす湯沸かし差湯湯返し湯沸しガス湯沸かし器

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風炉の関連情報