鎌倉殿中問答(読み)かまくらでんちゅうもんどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉殿中問答
かまくらでんちゅうもんどう

1318年(文保2)12月20日から19年(元応1)9月15日までの間、前後3回にわたって北条高時(たかとき)の御前で行われたといわれる日蓮(にちれん)宗と他宗派との問答。問答は内管領(うちかんれい)長崎入道円喜(えんき)の邸内で行われ、加賀阿闍梨(かがあじゃり)十宗坊、樟曽根(くぬきそね)入道慧海(えかい)、伊羅護(いらご)律師道日(どうにち)らが日蓮宗を批判したのに対して、日蓮の孫弟日印(にちいん)がこれに反論し、諸宗堕獄と断じて彼らを屈伏せしめようとしたとされている。鎌倉末期における日蓮宗と他宗派との関係をうかがうことができる事件である。事件の内容は列席した日印の弟子の日静がこれを記録、『鎌倉殿中問答記』(1巻)として残っており、『改定史籍集覧』に所収。またこの注釈書として日達の『鎌倉殿中問答記略註(りゃくちゅう)』がある。[伊藤喜良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かまくらでんちゅうもんどう ‥デンチュウモンダフ【鎌倉殿中問答】

鎌倉後期の宗論。一巻。日静著。文保二~元応元年(一三一八‐一九)、執権北条高時の面前で前後三回行なわれた日蓮宗と他の諸宗との宗教論争を収めたもの。鎌倉殿中問答記。鎌倉殿中問答記録。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android