コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖付図書 くさりつきとしょ

百科事典マイペディアの解説

鎖付図書【くさりつきとしょ】

中世,ヨーロッパ図書館,特に修道院の図書館で行われた本の保管方式。本が貴重なため,厚い本の表紙に鎖をつけ,その一端を机や書架に留めて本の亡失を防いだもの。現存の鎖付図書には聖書が最も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

鎖付図書の関連キーワード中世

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android