コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮台府 ちんだいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮台府
ちんだいふ

明治維新のとき江戸開城とともにおかれた軍政機関。江戸鎮台府。慶応4 (1868) 年5月官軍が江戸に入城して軍政をしき,町奉行を市政裁判所,寺社奉行を社寺裁判所,勘定奉行を民政裁判所と改称,征討総督有栖川宮を鎮台とした。同年6月管轄区域を関東,甲駿,奥羽 13州に広げたが,同年7月 17日江戸を東京と改め,鎮台府は鎮将府とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鎮台府の関連キーワード江戸町年寄島 義勇明治維新

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android