鏡塚古墳(読み)かがみづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

かがみづかこふん【鏡塚古墳】

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町日下ヶ塚に所在する前方後円墳鹿島灘をのぞむ独立丘陵上に南面して築かれる。前方部の一部が破壊されているが,全長105m,後円部径60m,前方部幅36mと推定されている。葺石を欠く。1949年に国学院大学が発掘し,後円部墳頂において,円形にめぐる円筒埴輪列および埋葬施設を検出した。埋葬施設は,古墳主軸に平行して営まれた長大な粘土槨である。副葬品として,仿製鏡,玉類,,滑石祭器,刀,農工具類が出土した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鏡塚古墳の言及

【双方中円墳】より

前方後円墳が円丘の一方に長方形台状の付属物を付けたものとすれば,双方中円墳は円丘の前後双方にそれを付加したものといえる。実例としては,香川県高松市石清尾山(いわせおやま)古墳群中の鏡塚古墳と奈良県天理市の櫛山古墳が知られているのみで,しかも櫛山例では一方が短小である。これまで,この墳形の代表例とされてきた石清尾山猫塚古墳は,最近になって,中央部も方形である可能性が指摘されている。…

※「鏡塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android