石釧(読み)イシクシロ

世界大百科事典 第2版の解説

いしくしろ【石釧】

古墳時代に使用した石製腕輪の一種(図)。碧玉(へきぎよく)と通称する緑色凝灰岩の類を材料とし,内径5~6cmの環状に作っている。円形の断面をもったものなどの,表裏の区別のない石釧もまれにあるが,大多数は裏面がたいらで,表面の上半部を斜面とし,ここに放射状のこまかい線を刻んでいる。碧玉のかわりに,滑石を材料とした石釧もあるが,その多くは幅広く扁平な形をもち,鋸歯文などの文様で飾っている。石製の釧,すなわち石製腕輪という語の意味からいえば,腕輪として用いた石製品は,すべて〈いしくしろ〉とよんでよいことになるが,この語の使用は古墳時代の碧玉ないし滑石製品に限り,中国の仰韶文化の石製腕輪などは,石釧(せきせん)と読み方をかえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしくしろ【石釧】

古墳時代の石製腕輪のうち、鍬くわ形石と車輪石を除いたものの称。狭義にはイモガイ製の貝輪を碧玉・滑石などで模したものをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石釧
いしくしろ

石製腕輪の意。ただし、一般に石釧の語は、日本の古墳時代に碧玉(へきぎょく)や緑色凝灰岩などの石材をろくろを使って正円形に加工してつくった腕輪をさして用いられることが多い。これは、イモガイ製の貝輪を模したものとされており、鍬形石(くわがたいし)や車輪石(しゃりんせき)と同様に、畿内(きない)の政権から各地の首長へ配布されたものと考えられる。出土数はかなり多く、北部九州から東北地方までの広い範囲にわたって発見されており、宝器としての性格はやや薄いようである。環体の一側面に細かい放射状の刻線を彫刻したものが多いが、文様にはかなりのバラエティーがある。4世紀から5世紀前半にかけての時期の遺物と考えられる。[渡辺貞幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いし‐くしろ【石釧】

〘名〙 古墳時代の石でつくった腕輪状のもの。内径五~六センチメートルの環状で、碧玉(へきぎょく)製、滑石(かっせき)製などがある。芋貝(いもがい)を横に切った形を石にうつしたもので、放射状の彫刻がある。多くは実用品というより宝器と考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石釧の言及

【石釧】より

…碧玉(へきぎよく)と通称する緑色凝灰岩の類を材料とし,内径5~6cmの環状に作っている。円形の断面をもったものなどの,表裏の区別のない石釧もまれにあるが,大多数は裏面がたいらで,表面の上半部を斜面とし,ここに放射状のこまかい線を刻んでいる。碧玉のかわりに,滑石を材料とした石釧もあるが,その多くは幅広く扁平な形をもち,鋸歯文などの文様で飾っている。…

※「石釧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android