コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘土槨 ネンドカク

デジタル大辞泉の解説

ねんど‐かく〔‐クワク〕【粘土×槨】

古墳の埋葬施設の一。木棺の周りを粘土の層で覆ったもの。古墳時代前期に成立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

粘土槨

木棺を覆い、保護するための粘土の層。古墳時代前期前半(4世紀初め)に成立した埋葬施設。同時期の竪穴式石室を簡略化したもので、石室のほうがより権力のある人物の墓とされる。

(2010-10-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんどかく【粘土槨】

古墳の封土中に,石室の被覆を設けずに,直接に木棺を埋める場合に,木棺の周囲を粘土で厚く包みこむことがある。棺の外部構造という意味で,これを粘土という。粘土槨において,棺身の底部から側方を包む粘土と,蓋をおおう粘土とは,多少の時間をおいて施工することになるから,必ずしも一貫した外形を示さぬことが多い。木棺の表面に赤色顔料の塗布があった場合には,粘土槨の内面にそれが残るほか,粘土槨の上面にも赤色顔料を塗ることがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねんどかく【粘土槨】

古墳の埋葬施設で、割り竹形木棺などを粘土で厚く被覆した構造。竪穴式石室の内部となることも多く、古墳時代前半の特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘土槨
ねんどかく

古墳の埋葬施設の一つで、木棺を粘土によって被覆し密封した内部施設をいう。なかには、粘土による棺床下や槨の外周に、礫(れき)による地固めや排水溝をもつものがある。幅1メートル、長さ7メートル前後のものが多くみられるが、10メートルを測る長大な例もある。木棺は、狭長な割竹(わりだけ)形や短い櫃(ひつ)形のものであったと推定されるが、腐朽して被覆粘土が陥落しているものが多い。竪穴(たてあな)式石室とともに古墳時代前半にみられ、とくに東日本の前期古墳には多く採用されている。[後藤喜八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

粘土槨の関連キーワード和田山和泉黄金塚古墳真土大塚山古墳芝ヶ原12号墳新沢千塚古墳群埼玉稲荷山古墳佐味田宝塚古墳岩橋千塚古墳群大住車塚古墳西都原古墳群和田岡古墳群加瀬白山古墳東大寺山古墳玉手山古墳群新皇塚古墳割竹形木棺黄金塚古墳島の山古墳月の輪古墳快天山古墳

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘土槨の関連情報