コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島灘 かしまなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿島灘
かしまなだ

茨城県南東部,大洗から利根川河口にわたる鹿島浦沖合海域。遠浅で陸棚面はゆるやかに傾斜している。寒暖両海流が会合する好漁場。沖の海底は外側地震帯にあたり,関東地方を襲う中小地震はこの海底に発する場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鹿島灘【かしまなだ】

茨城県東方の海域。沿岸から約30km沖まで水深40m内外の平らな砂質の海底が続く。親潮黒潮が交差しイワシサンマ,サバなどの好漁場。大洗岬から波崎(はさき)までの沿岸は鹿島浦と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしまなだ【鹿島灘】

茨城県大洗岬から千葉県犬吠埼に続く弧状海岸東方の太平洋海域。遠浅の海岸で陸棚面の傾斜はゆるやかであり,天然の良港に欠けるが,1960年代に掘込み式人工港としての鹿島港建設により,鹿島臨海工業地域が造成され,新しい局面を迎えた。黒潮と親潮の潮境となる好漁場をなし,サンマ,イワシ漁業がさかんで,江戸時代には沿岸各地で地引網が発達した。日本~北アメリカ太平洋岸間の大圏航路の通過水域にあたり,航行船舶が多いが,江戸時代には東廻海運の難所として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かしまなだ【鹿島灘】

茨城県沖合の海域。黒潮・親潮の潮境で波が荒い。好漁場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県(千葉県)〕鹿島灘(かしまなだ)


関東地方東方沖の太平洋をよぶ海域名称。茨城県東部、那珂(なか)川河口南方の茨城港から千葉県北東端の犬吠埼(いぬぼうさき)までの約70kmに及ぶ鹿島浦の沖合の海域をいう。島や岩礁などの障害物はないが、千島海流と日本海流が出合うため潮流が複雑。古くから海の難所とされた。サバ・イワシなどの近海沖合漁業の好漁場。沿岸南部の現神栖(かみす)市一帯は1964年(昭和39)に工業整備特別地域に指定され、人工の掘り込め工法による鹿島港が1969年(昭和44)に完成、製鉄石油精製・化学・軽金属など重化学工場が立地した。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島灘
かしまなだ

茨城県海岸中部の大洗(おおあらい)岬から南方、千葉県犬吠埼(いぬぼうさき)までの太平洋沿岸海域をいう。海底地形は海岸線に並行して広大な大陸棚が続き、大陸棚斜面も緩やかである。海流は夏は黒潮(暖流)、冬は親潮(寒流)が流れる寒暖両流の接触・交替する所で、これらのため波浪高く帆船時代は航行困難な難所であった。しかし、これが霞ヶ浦(かすみがうら)や利根(とね)川を利用する常陸(ひたち)の内陸水運を発達させた原因であった。寒暖両流の存在は好漁場をつくり、イワシ、サンマ、サバなどの漁業が盛んで、沿岸の久慈(くじ)、大洗、波崎(はさき)、千葉県銚子(ちょうし)などの漁港を発展させた。近年は鹿島臨海工業地域と鹿島港の発達で大型タンカーの往来も多くなった。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鹿島灘の関連キーワード波崎シーサイドパーク茨城県ひたちなか市チョウセンハマグリリュウグウノツカイ鹿島臨海工業地帯茨城県鉾田市大竹ひたちなか[市]ダンベイキサゴ鹿島(茨城県)大野(茨城県)大洋(旧村名)鹿島神宮境内アイオン台風旭(茨城県)ヒカリエソ鹿嶋(市)棚倉構造線鉾田[市]鹿島[町]神栖(市)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿島灘の関連情報