コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小玉 コダマ

大辞林 第三版の解説

こだま【小玉】

小さな玉。
古墳時代の飾り玉。直径1センチメートル 以下のガラス・石・土などの小さな玉。連ねて首飾りなどにした。
「小玉銀」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小玉
こだま

径2~5ミリメートル程度の小粒の玉。ほとんどガラス製で、おもに装身具として用いられた。ガラスの色は弥生(やよい)時代から古墳時代前期にかけてはほぼ水色に限られているが、古墳時代中期になると紺、黄、黄緑などが加わり、奈良時代以後はさらに種類が豊富になった。小玉だけで、あるいは他の玉とともに連ねて、耳、首、手、足などの飾りとしたことが古墳での出土状態や人物埴輪(はにわ)の表現からわかる。一つの古墳から数百、数千個という数で発見されることも少なくない。奈良時代には仏像の冠や瓔珞(ようらく)の飾りとして、または鎮壇具(ちんだんぐ)としても用いられた。縄文時代には石製のものがあり、弥生時代には貝製のものも知られている。[望月幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小玉の関連キーワード吉田 文吾(5代目)パルミラ(シリア)七代目市川団十郎坂道のアポロンバダーリー遺跡らいでんすいかひまわりスイカ土井ヶ浜遺跡ハニーローザマンゴーの涙八代トマト羽衣ミシン玉と玉作りいねむり兎月影ベイベイノシン酸金のたまご花柳 禄寿ひとりじめムロロ遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小玉の関連情報