鏡心(読み)きょうしん

  • きょうしん キャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鏡の中心。
※篁園全集(1844)一・題斎壁「鏡心初改愁中鬢、帯眼頻移病後身」 〔張籍‐酬朱慶余〕
② 球面鏡の面の中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鏡心の言及

【球面鏡】より

…球面の内面を反射面とする凹面鏡concave mirrorと球面の外面を反射面とする凸面鏡convex mirrorがある。鏡面の中心(鏡心)Mと球面の中心(球心)Oを通る直線を光軸といい,光軸の近くで光軸に平行に入射した光線およびその延長線はほぼ焦点Fに集まる。焦点の位置はOMの中点であり,焦点距離f(MF)は球面の曲率半径をrとすれば,fr/2である。…

※「鏡心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android