コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張籍 ちょうせきZhang Ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張籍
ちょうせき
Zhang Ji

[生]大暦3(768)?
[没]太和4(830)?
中国,中唐の詩人。和州烏江 (安徽省和県) の人。字,文昌。貞元 15 (799) 年進士に及第。太常寺太祝から秘書郎を経て水部員外郎となり,晩年国子司業となった。それによって張水部,張司業ともいう。孟郊,賈島らと韓愈の門下に数えられたが,詩風はむしろ白居易に近く,平淡ななかに鋭い写実性をこめる。また杜甫を深く慕い,その得意とする楽府 (がふ) で政治を批判し人民の苦しみを訴える作品を多く生み,友人の王建と並んで「張王楽府」と称された。『張司業詩集』 (8巻) が現存。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせき【張籍 Zhāng Jí】

768‐830?
中国,中唐詩人。字は文昌。和州烏江(安徽省)あるいは東郡(河南省)の人といわれる。貞元15年(799)の進士で国子司業などをつとめる。韓愈門下のひとり。とりわけ楽府(がふ)に長じ,僚友の王建の作とともに〈張王楽府〉と並称される。官僚としては不遇だった彼には〈征婦怨〉や〈築城詞〉など民衆の苦痛を訴え,為政者を批判する作品が多く,その点杜甫,元結詩風を受け継ぎ,同時代の大詩人で友人でもあった白居易が絶賛している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせき【張籍】

768~830頃) 中国、中唐の詩人。字あざなは文昌。張水部・張司業とも呼ばれる。楽府がふ体の詩を得意とし、政治を批判し、民衆の苦しみを歌った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張籍
ちょうせき
(766?―830?)

中国、中唐期の詩人。字(あざな)は文昌(ぶんしょう)。原籍は呉郡(ごぐん)(江蘇(こうそ)省)。少時に和州(安徽(あんき)省)烏江(うこう)に移住。799年(貞元15)の進士。40歳ごろより10年近く太常寺太祝(たいじょうじたいしゅく)に低迷し、貧窮のなかで一時、眼病を患う。国子助教、秘書郎、水部員外郎、主客郎中、国子司業を歴任。剛直でかたくなな反面、誠実で思いやりがあり、多くの名士と交遊した。韓愈(かんゆ)は生涯の恩人、白居易は詩友であった。平易な詩語で人心を伝える張籍の楽府(がふ)は、白居易に称賛されてより今日に至るまで、高く評価されている。「力尽くるも杵声(しょせい)を休(や)むるを得ず。杵声未(いま)だ定まらずして人皆な死す」(『築城詞』)といった尖鋭な諷諭(ふうゆ)性と直截(ちょくせつ)な筆致に特色がある。民歌的な作品もあり、同時代の王建とともに「張・王楽府」と並称される。『張司業集』八巻がある。[丸山 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

張籍の関連キーワード蚍蜉大樹を動かす王建(中国)光炎万丈長し光炎万丈朱慶余丸山孟郊律格項斯張耒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android