コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘釣[温泉] かねつり

世界大百科事典 第2版の解説

かねつり【鐘釣[温泉]】

富山県東部,下新川郡宇奈月町の温泉。黒部峡谷中にあり,富山地方鉄道宇奈月駅から黒部峡谷鉄道が通じる。単純泉,60℃。西鐘山南麓,黒部川左岸の河原の石灰岩の間に湧出し,野趣豊かな露天ぶろが散在する。文政年間(1818‐30)の発見といわれ,黒部峡谷最古の温泉である。新緑,紅葉の景観にすぐれ,明治時代には温泉客でにぎわったが,1923年に宇奈月温泉が開かれてからはさびれた。【谷沢 明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android