コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇奈月温泉 うなづきおんせん

4件 の用語解説(宇奈月温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇奈月温泉
うなづきおんせん

富山県北東部,黒部峡谷入口の段丘上にある温泉。黒部市に属する。単純泉で,泉温 68℃。 1923年黒部川の支流黒薙川の谷にある黒薙温泉から引き湯。黒部川電源開発で峡谷探勝の交通機関が整備されるに伴い,観光基地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うなづき‐おんせん〔‐ヲンセン〕【宇奈月温泉】

富山県黒部市にある温泉。泉質は単純温泉黒部峡谷観光の根拠地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕宇奈月温泉(うなづきおんせん)


富山県北東部の黒部(くろべ)市、黒部川の黒部峡谷の入り口にある行楽向きの温泉。約6km上流の黒薙(くろなぎ)温泉から引き湯する。北陸有数の歓楽温泉で、黒部峡谷探訪の基地。富山地方鉄道本線黒部峡谷鉄道が接続する。駅近くに黒部川電気記念館、温泉街の背後にスキー場がある。ナトリウム-塩化物泉。泉温98.5℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇奈月温泉
うなづきおんせん

富山県北東部、黒部(くろべ)市宇奈月町内山(うなづきまちうちやま)にある温泉。黒部川と宇奈月谷が合流する標高200メートル前後の段丘上にあり、もと桃原(ももはら)といわれ音沢地区の出作り小屋があったが、1923年(大正12)黒薙(くろなぎ)温泉から引き湯して開湯以来、上流の電源開発とともに発展し、北陸の代表的観光温泉の一つとなった。黒部峡谷探勝の基地でもある。泉質は単純温泉。付近に宇奈月スキー場、宇奈月公園がある。富山地方鉄道宇奈月温泉駅下車。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇奈月温泉の関連キーワード黒四ダム黒部黒部湖黒部市総合公園黒部川電気記念館富山県黒部市生地富山県黒部市宇奈月町黒部富山県黒部市黒部峡谷口富山県黒部市黒部新富山県下新川郡入善町古黒部

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇奈月温泉の関連情報