鐘銘(読み)しょうめい

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐めい【鐘銘】

〘名〙 つりがねに刻みこんだ文字。鐘の銘文
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「文昭院の御鐘を撰び進らす」 〔金石録‐目録・七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鐘銘の言及

【梵鐘】より

…撞座は通常鐘身高の下から22%前後の位置におくが,古いものほど高く,奈良時代では37%が平均で,鎌倉時代には23%,その後は22%の位置に定着する(図1)。
[鐘銘]
 鐘銘は鋳鐘発願の趣旨,寺院の来歴,鋳造時期,願主,檀那,鋳工名,所要材料,序銘の撰者・筆者名を記した〈序〉と,仏法や鋳鐘の功徳を韻文で讃えた〈銘〉からなるものが本格的である。平安初期の漢文の盛んな時期,五山文学の盛行した14世紀から15世紀初頭,そして江戸時代とにみられる。…

※「鐘銘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android