コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘銘 しょうめい

大辞林 第三版の解説

しょうめい【鐘銘】

釣り鐘にしるしてある銘文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鐘銘の言及

【梵鐘】より

…撞座は通常鐘身高の下から22%前後の位置におくが,古いものほど高く,奈良時代では37%が平均で,鎌倉時代には23%,その後は22%の位置に定着する(図1)。
[鐘銘]
 鐘銘は鋳鐘発願の趣旨,寺院の来歴,鋳造時期,願主,檀那,鋳工名,所要材料,序銘の撰者・筆者名を記した〈序〉と,仏法や鋳鐘の功徳を韻文で讃えた〈銘〉からなるものが本格的である。平安初期の漢文の盛んな時期,五山文学の盛行した14世紀から15世紀初頭,そして江戸時代とにみられる。…

※「鐘銘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鐘銘の関連キーワード方広寺石塁および石塔大坂冬の陣金地院崇伝大蔵卿局豊臣秀頼片桐貞隆石川貞政片桐且元岡崎廬門以心崇伝藤原敏行大坂の陣鐘銘事件文英清韓清韓文英集古十種板倉重昌橘広相方広寺安曇江

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android