鐚ひらなか(読み)ビタヒラナカ

デジタル大辞泉 「鐚ひらなか」の意味・読み・例文・類語

びた‐ひらなか【×鐚ひらなか】

《「ひらなか」は半銭の意》きわめて小額金銭鐚一文びたいちもん
「―才覚ならず」〈浄・忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鐚ひらなか」の意味・読み・例文・類語

びた‐ひらなか【鐚ひらなか】

〘名〙 (「ひらなか」は半銭の意) ごくわずかの金銭。鐚一文(びたいちもん)を強めていった語。
※俳諧・桃舐集(1696)「そろそろ江戸草臥が来る〈路通〉 手ひとつでびたひらなかの恩もきず〈同〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android