小額(読み)こびたい

精選版 日本国語大辞典「小額」の解説

こ‐びたい ‥びたひ【小額】

〘名〙
① (「こ」は接頭語) ひたい。特にの生えぎわの部分。また、額についてするちょっとした動作についていう語。
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「ほろをもきりおとされかぶとをもうちおとされ、こびたいきらせ」
② 小さいひたい。狭いひたい。
四河入海(17C前)一〇「世間の人は半額広眉の大びたいをこのむに、小嬋娟の、者やうの小額の小眉をするほどに、世間人のに不入が如きぞ」
江戸時代の髪の結い方の一つ。両方の(びん)を大きくとって、額が狭く見えるようにしたもの。
随筆・独寝(1724頃)上「男の髪も、〈略〉小びたい有は見ぐるし」
④ =すみまえがみ(角前髪)〔物類称呼(1775)〕
⑤ (①から転じて) 山のに近い正面をいう。
⑥ ひたいの上に白い斑点のある毛並をしている馬。月額(つきびたい)
吾妻鏡‐建久二年(1191)一一月二二日「自幕下引給御馬〈略〉一疋〈くりけ、こひたい〉」
[補注]⑥は、「王喜て即牛を見給ふに、鷹角にして大斑に(わし)尾にして小額(こヒタヒ)なり」〔三国伝記‐八〕のように、牛の毛並についての例もみられる。

こ‐がく【小額】

〘名〙 植物「やまあじさい(山紫陽花)」の異名。《季・夏》 〔大和本草批正(1810頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小額」の解説

こ‐びたい〔‐びたひ〕【小額】

ひたい。ひたいについてのちょっとした動作にいう。
判官はうぐわんあまりの嬉しさに、―はったと打って」〈狂言記那須与一
江戸時代の髪の結い方で、額を狭く見せるもの。

しょう‐がく〔セウ‐〕【小額】

小さい単位の金額。⇔高額

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「小額」の解説

小額 (コガク)

植物。ユキノシタ科の落葉低木。ヤマアジサイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android