コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小額 コビタイ

4件 の用語解説(小額の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐びたい〔‐びたひ〕【小額】

ひたい。ひたいについてのちょっとした動作にいう。
「判官(はうぐわん)あまりの嬉しさに、―はったと打って」〈狂言記・那須与一〉
江戸時代の髪の結い方で、額を狭く見せるもの。

しょう‐がく〔セウ‐〕【小額】

小さい単位の金額。⇔高額

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こびたい【小額】

〔「こ」は接頭語〕 ひたい。ひたいについてのちょっとした動作をいう語。 「 -はつたと打つて/狂言記・那須の与一」
江戸時代、鬢びんを大きくしてひたいを小さく見えるようにした髪の結い方。男女ともに行なった。 「 -のあるで番頭高く見え/柳多留 9

しょうがく【小額】

小さい単位の金額。 ↔ 高額少額(補説欄)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小額の関連キーワード一寸見避退額金額に汗する額綿ちょっくらちょっと額当て非対称ひたい(額)

小額の関連情報