コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才覚 サイカク

2件 の用語解説(才覚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さい‐かく【才覚】

[名](スル)
すばやく頭を働かせて物事に対応する能力。知恵の働き。機転。「才覚のある人」
工夫(くふう)すること。また、すばやく頭を働かせて物事を処理すること。「客の好みに合わせて料理を才覚する」
あれこれ苦心して金や物を手に入れること。工面(くめん)。「才覚がつかない」「五〇万円ほど才覚する」
学問の力。学識。才学。
「和漢の―の足らぬにぞありけん」〈神皇正統記・後醍醐〉
[形動ナリ]機転や才知のあるさま。
「―な貧乏神」〈咄・御前男・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいかく【才覚】

〔「才学」の転か〕
( 名 ) スル
物事をなす際のすばやい頭の働き。機転。
あれこれ苦心・工夫して金銭や物品を整えること。工面。算段。 「 -がつく」 「月末の不足を自分で-する/明暗 漱石
才知と学識。才学。 「この比は深く案じ、-をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし/徒然 116
( 形動ナリ )
才知があるさま。知恵があるさま。 「親のゆづり受けず、其の身-にしてかせぎ出し/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

才覚の関連キーワード頭を搾る利かせる気を利かせる思慮素早い手職働かすぺこん奸雄早変り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

才覚の関連情報