コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぎ

世界大百科事典内のの言及

【鍵】より

…今日でも雨戸などに使われている〈さる〉や閂(かんぬき)などの木製の差込み棒も,単純な形式の錠であり,この原理は西洋も東洋もかわらない。
[東洋]
 中国で鍵(けん)とか鑰(やく)とかの字は,すでに周,漢の文献に見えているが,とくに遺品というべきものはない。ただ〈五寸の鍵〉とか〈一尺の鍵〉とかいう言葉があるから,かなり長かったものにちがいない。…

※「鑰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鑰の関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖宝尽くし・宝尽し三蔵(みつくら)鏡(熊本県)川崎次郎太夫宝づくし文金山 穆韶知空(2)太子流神道鍵取・鎰取空海(1)鍵(器具)印鑰・印鎰八木静修十住心論大伴吹負工藤三助北行日録秘蔵宝鑰宝尽し

鑰の関連情報