コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井泰秀 ながい やすひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井泰秀 ながい-やすひで

1212-1254* 鎌倉時代の幕府官僚。
建暦(けんりゃく)2年生まれ。長井時広の子。仁治(にんじ)2年評定衆となり幕政にくわわる。三浦氏の乱などで執権北条時頼(ときより)を支持して,幕府における地位をかためた。建長5年12月21日死去。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長井泰秀

没年:建長5.12.21(1254.1.11)
生年:建暦2(1212)
鎌倉中期の御家人。時広の嫡子寛喜1(1229)年蔵人・叙爵。正五位下,甲斐守。仁治2(1241)年鎌倉幕府の評定衆となり幕政に参画。宝治1(1247)年の宝治の戦では北条氏側につき功績をあげ,幕府内での地位を固めた。

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

長井泰秀の関連キーワード長井時秀

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android