コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井時広 ながい ときひろ

2件 の用語解説(長井時広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井時広 ながい-ときひろ

?-1241 鎌倉時代の幕府官僚。
大江広元の次男。長井氏の祖。はじめ蔵人(くろうど)として朝廷につかえる。建保(けんぽ)6年関東にいき3代将軍源実朝の信任をえて御家人となる。評定衆,備後(びんご)守護をつとめる。7年実朝が暗殺され出家した。仁治(にんじ)2年5月28日死去。通称は太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長井時広

没年:仁治2.5.28(1241.7.8)
生年:生年不詳
鎌倉中期の御家人。大江広元の次男。武蔵国長井荘(埼玉県)を所領とし,長井氏の祖となる。当初朝廷に仕え,建保6(1218)年蔵人に補任される。同年鎌倉幕府将軍源実朝が右大将に任ぜられると,前駆を勤めるため鎌倉に下る。帰京しようとして実朝に制止され,北条義時口添えを得てようやく上洛。この年叙爵。翌年実朝が右大臣に任命されると再び鎌倉に下向して鶴岡八幡宮拝賀の前駆となる。しかし実朝の暗殺に遭遇し出家。承久の乱(1221)で兄親広が京方に加わり没落したため,広元の嫡流となる。乱後も京都に留まっていたとみられ,備後国守護となる。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の長井時広の言及

【長井氏】より

…大江広元の第2子時広を始祖とする鎌倉幕府の有力御家人。時広は1218年(建保6)ころ鎌倉に下り,幕府に仕えて長井を称した。時広の長子泰秀の一流は,執権北条氏の信任を得,泰秀,宗秀,貞広,貞秀が関東評定衆に補任されている。第2子泰重の一流も泰重,頼重,貞重が六波羅評定衆に補任され,また備前,備後の守護職に補されている。かくして長井氏は関東譜代の重臣と称される勢力者となり,東大寺領美濃国茜部(あかなべ)荘地頭職をはじめとして多くの所領を有した。…

※「長井時広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

長井時広の関連キーワード窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台博多祇園山笠サフラ崇福寺ハンザ同盟リーグニツの戦シギショアラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長井時広の関連情報