コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾名鳥 ながお なとり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾名鳥 ながお-なとり

1818-1862 幕末の国学者。
文政元年10月生まれ。もと伊勢(いせ)(三重県)桑名藩士。園城(おんじょう)寺喜見院の住職をしていたが,還俗(げんぞく)して国学をおさめ,近江(おうみ)(滋賀県)蝉丸神社祠官となった。嘉永(かえい)2年長野主膳が「市辺皇子御陵考」をあらわすと,実地を調査して「追考」を発表した。文久2年8月8日死去。45歳。名は元遠。通称は良吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長尾名鳥の関連キーワード国学者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android