長尾無墨(読み)ながお むぼく

美術人名辞典の解説

長尾無墨

幕末・明治の高遠藩士。号は天雁。田能村竹田の門。詩文・絵画を能くし、藩校進徳館が創設されたとき大助教に任じられた。のち洗馬・大町で漁樵吟社を起し、子弟の教育にあたる。無墨がまとめた説論要略は、信州教育史上重要な記録である。著者に『無墨百律』『善光寺繁昌記』がある。明治27年(1894)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾無墨 ながお-むぼく

?-1894 明治時代の官吏,日本画家。
もと信濃(しなの)(長野県)高遠藩士。藩校進徳館の大助教。維新後は筑摩(ちくま)県につとめ,明治7年県権令永山盛輝にしたがい県下の教育事情をしらべ「説諭要略」にまとめた。退職後田能村竹田(たのむら-ちくでん)の門にまなび,雁(がん)の絵をよくした。明治27年11月3日死去。本姓は宇夫形。名は渲。別号に天雁。著作に「無墨山人百律」「善光寺繁昌記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android