コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長尾無墨 ながお むぼく

2件 の用語解説(長尾無墨の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

長尾無墨

幕末・明治の高遠藩士。号は天雁。田能村竹田の門。詩文・絵画を能くし、藩校進徳館が創設されたとき大助教に任じられた。のち洗馬・大町で漁樵吟社を起し、子弟の教育にあたる。無墨がまとめた説論要略は、信州教育史上重要な記録である。著者に『無墨百律』『善光寺繁昌記』がある。明治27年(1894)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長尾無墨 ながお-むぼく

?-1894 明治時代の官吏,日本画家。
もと信濃(しなの)(長野県)高遠藩士。藩校進徳館の大助教。維新後は筑摩(ちくま)県につとめ,明治7年県権令永山盛輝にしたがい県下の教育事情をしらべ「説諭要略」にまとめた。退職後田能村竹田(たのむら-ちくでん)の門にまなび,雁(がん)の絵をよくした。明治27年11月3日死去。本姓は宇夫形。名は渲。別号に天雁。著作に「無墨山人百律」「善光寺繁昌記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長尾無墨の関連キーワード天野方壺塩川文鵬鈴木松僊中野其玉長谷川玉粹川端玉雪鬼頭如石石田遊汀(2)小倉青於吉村島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone