コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋六左衛門 ながや ろくざえもん

1件 の用語解説(長屋六左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長屋六左衛門 ながや-ろくざえもん

1613-1686* 江戸時代前期の弓術家。
慶長18年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。日置流(へきりゅう)竹林派弓術をまなぶ。寛永17年京都三十三間堂の大矢数で9653本の矢を射て6323本を的にあて,3度目の天下一となったという。先手足軽頭,黒門頭をつとめた。貞享(じょうきょう)2年12月9日死去。73歳。幼名は半三郎。名は忠重。号は無入。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長屋六左衛門の関連キーワード伊丹直政片岡家清片岡家次片岡家延木村寿徳関一安森直義屋崎隼人吉田重信吉田豊隆

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone