コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡 外史 ナガオカ ガイシ

1件 の用語解説(長岡 外史の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

長岡 外史
ナガオカ ガイシ

明治・大正期の陸軍中将 陸軍省軍務局長;衆院議員(新正倶楽部)。



生年
安政5年5月13日(1858年)

没年
昭和8(1933)年4月21日

出生地
周防国都濃郡末武北村(山口県)

学歴〔年〕
陸士(第2期)〔明治11年〕卒,陸大(第1期)〔明治18年〕卒

経歴
陸大1期卒後、参謀本部に入り、明治14年に尉官11人で兵術研究の月曜会を結成したが、6年後には会員が1678人にも増え、反山県・桂勢力として解散させられた。日清戦争時は大島混成旅団参謀、日露戦争時は参謀本部次長。その後、41年軍務局長、42年中将、43年第13師団長、大正2年第16師団長を歴任し、5年予備役編入。この間、新潟県高田の第13師団長時代、来日中のオーストリアのヒル少佐を招いてスキーの普及に努めた。6年帝国飛行協会副会長となり、航空省の設置や羽田飛行場の建設などを提案して草創期のわが国民間航空界に尽くす。13年に衆院選に出馬して当選。また名物のカイゼルひげは、安全カミソリの商標にもなった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone