コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田重一 ながた しげかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長田重一 ながた-しげかず

1949- 昭和後期-平成時代の分子生物学者。
昭和24年7月15日生まれ。チューリヒ大留学後,昭和62年大阪バイオサイエンス研究所第一研究部長となり,平成7年阪大教授をかねる。19年より京大教授。世界ではじめて遺伝子操作により大腸菌でヒト白血球インターフェロンを大量生産する道をひらいた。アポトーシス(細胞死)の分子機構の研究で,平成12年学士院恩賜賞。13年文化功労者。22年学士院会員。石川県出身。東大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長田重一の関連キーワード恩賜賞受賞者